手描友禅アイロンプリントの特徴
手描友禅アイロンプリントってどんなアイロンプリントなんだろう?と思う方も多いいかと思いますので手描友禅アイロンプリントの特徴を説明します。

●手描友禅アイロンプリントは手描友禅作家が開発した商品です。手描友禅の技法で描き上げた柄をパソコンに取り込み独自の方法でアイロンプリント用に画像処理しプリントしました。原画は正絹・綿生地などの生地に描いてますので、生地目が出るのも特徴です。生地目が出る事により暖かみや立体感なども表現されてます。

●柄の周りをカッティングしてありますのでTシャツなどの素材に貼り付けた時により自然な感じで手描友禅の雰囲気を楽しめます。

●カラーTシャツなど濃い地色の素材にも綺麗に貼り付ける事ができます。
(※但し色落ちする素材は地色が浮き出る事もあります。)

●洗濯機などで洗濯が可能です。柄面を裏側にして洗濯ネットに入れ洗濯機で洗えます。
万が一プリントの一部が剥がれても再度クッキングシートをあてアイロンで(ドライ高温)で加熱加圧して頂けば貼り付けられます。(※アイロンは必ずドライ高温に設定して下さい。スチームなどを使用した後は、アイロン内部・表面に水滴がついてないか確認してからご使用下さい。)

以上が手描友禅アイロンプリントの特徴です。私が手描友禅アイロンプリントを開発した理由は手描友禅の着物は高価な物なので誰でも気軽に楽しむ事は難しいと考え、誰でもお気軽に手描友禅柄を好きな素材に貼り付けて楽しんで頂きたく開発しました。柄も和柄にとらわれず
動物・昇り龍・ドクロなど個性的な柄もございます。若い人達にも手描友禅の素晴らしさを伝えた
いと思っています。